何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

shelffって何?月3冊の読書習慣を提供する新しいサブスクを徹底解説

LIFE

shelffって何?月3冊の読書習慣を提供する新しいサブスクを徹底解説

悩む人
読書を習慣化させたいけど、なかなか続かない…。本屋に行ってもなかなか買う本が選べないし、結局買わずに帰ってくるパターン。なんか良いサービスは無いかな〜?

 

この記事では上記のような悩みを解決するため、新しいサブスクサービス「shelffを紹介します。

 

shelffとは、月額1,500円から利用ができ、毎月あなたの気になる本を3冊、勝手に自宅に送ってくれる新しいタイプのサブスクサービスです。

 

本記事では、そんな読書習慣をつけるにはもってこいの画期的なサービス「shelff」について徹底解説していきます。

 

本記事の内容

  • shelffとは
  • shelffのデメリット
  • shelffの料金システム
  • shelffの口コミ・評判

 

読書のサブスクって他にもいろいろあるけど、「shelff」は他のサービスにはない魅力がたくさん。是非テェックしてみてください!

 

shelffとは

shelffとは

shelffとは、月額1,500円〜の定額料金で毎月あなたの読みたい本が3冊づつ届く、本を読みたいのに思うように読めていない人のためのサブスクサービスです。

 

shelffの特徴は3つ

  1. 毎月3冊を勝手に届けてくれる
  2. レンタルではないので返却不要
  3. 要らない本を引き取ってくれる

 

毎月3冊を勝手に届けてくれる

shelffは毎月あなたに3冊の本を送ってくれます

 

shelffでは、登録時、あなたの気になる本をラインナップの中から10冊選んでウィッシュリストを作成します。

 

その作成したウィッシュリストの中から2冊それに関連する本を1冊shelffが自動で選んで、計3冊を毎月送ってくれるシステムです。

 

shelffなら読みたい本を外さず、かつ新しい本との出会いもあって一石二鳥。自分で最終的に読む本を選ばなくていいので本屋でいつも買う本を迷ってしまう人にもおすすめです!

 

レンタルではないので返却不要

サブスクと聞くとレンタル的なイメージをする人が多いと思いますが、shelffはレンタルではありません

 

その為、毎月送られてきた3冊は返却する必要はなく、あなたの本棚に入れてオッケーです。

 

レンタルではないので、メモを書き込んだり、付箋を貼ったりと、思いっきり読書に没頭するもできます。

 

自分の本棚に本が増えていくのってなんか嬉しいですよね!

 

要らない本を引き取ってくれる

shelffの最大の魅力と言ってもいいのが、この「要らない本引き取りサービス」です。

 

レンタルではないので、送られてきた本はそのまま本棚に保管してオッケーと言いました。

 

しかし、本棚がいっぱいだったり、そもそも一回読めば十分という本もあるはずです。

 

shelffではそんな「不要な本」を一冊300円相当(月額料金から割引というかたち)で買い取ってくれます

 

引き取りの対象はshelffから送られてきた本はもちろん、本棚で眠っているような本(shelffで購入していない本)までオッケーなのは驚きです。

 

古本屋だと数円〜数十円にしかならないような本も300円相当で引き取ってくれるのはマジでありがたい!これだけでも利用する価値があるんじゃないかと思うほど!

 

shelffのデメリット

Shelffは上記で紹介した特徴から、読書を習慣化させたり、新しい本に出会えたりとメリットの大きいサービスですが、利用する前に知っておきたいデメリットもあります。

 

shelffの知っておいくべきデメリット

  1. 届く本は新品ではなく中古
  2. ピンポイントで本を選べない
  3. 本の詳細がわからない

 

届く本は新品ではなく中古

毎月送られてくる3冊の本は新品ではなく中古です。

 

本は中古でも全然大丈夫という人には良いですが、読む本は書店で必ず新品を買うという人からするとちょっと抵抗があるかもしれません。

 

とは言え、ボロボロの古本が届くわけではなく、比較的状態の良いものが多いのでそこまで気にする必要はないです。

 

ボクは普段は電子書籍派ですが、中古の本も全然抵抗なく読めますよ!

 

ピンポイントで本を選べない

Shelffでは、気になる本をウィッシュリストに登録し、そこから毎月2冊と関連する本1冊が送られてきます。

 

利用を開始する為には、ウィッシュリストに最低でも10冊の本の登録が必要であり、その中から2冊がランダムで選ばれます。

 

読みたい本が送られてくることに間違いはありませんが、「今月はこの2冊が読みたい!」とピンポイントに送られてくる本を選ぶことはできないので注意が必要です。

 

これはメリットでもありデメリットでもあります。Shelffでは、何が送られてくるのかワクワク感を楽しみつつ、ピンポイントで読みたい本があればAmazonでポチりましょう!

 

本の詳細がわからない

Shelffは2019年9月からスタートした新しいサービスの為か、マイページがまだまだ整っていない感が否めません。

 

特に、読みたい本を選ぶ時、本の詳細情報が全くわからないのは、かなり不便です。

 

 

こんな感じで、マイページから本を選択する際に確認できる情報は、

  • 表紙デザイン
  • タイトル
  • 著者
  • 出版日
  • ページ数

だけです。

 

これから読書を習慣化させたい人をターゲットにしているのであれば、いかに本を選ぶときのワクワク感を演出するかが大切なことだと多いますが、これではお世辞にもワクワク感はありません…。

 

結局、マイページではなく、他の書評サイトなどで気になる本を見つけてきて、ウィッシュリストに登録するといった感じになります。

サービス自体は素晴らしいんですが、ここについては残念ですね…。これから整っていくことに期待です!

 

shelffの気になる利用料金は?

通常価格 3,500円/月
初回お届けから3ヶ月間 2,500円/月
引取サービス利用時 2,500円/月
引取サービス 10冊ごとに3ヶ月間1,000円割引

 

shelffの基本料金は月額3,500円(税別)ですが、最初の3ヶ月間は2,500円で利用ができます。

 

更に引取サービスを利用すれば、10冊ごとに3ヶ月間利用料が1,000円割引になります(1,000円割引×3ヶ月なので、実質3,000円分です)。

 

初月から10冊の引取を行えば、最初の3ヶ月間は月額1,500円で利用することができるので、かなりお得感があります。

 

正直月額3,500は高いって思ったけど、引取サービスを使えばかなりお徳です。3ヶ月もあれば読書を習慣化することも全然可能なのでまずは3ヶ月だけでも利用してみるのが良いかもしれないです!

 

shelffの評判・口コミ

サービスの特徴やメリット、デメリット、料金システムがわかったところで、実際の利用者の声を紹介していきます。

 

 

中古本の状態は文句なし!このクオリティーの本が毎月1,500円で3冊読めるのであればメリットはかなり大きいですね!

 

 

やはり読みたい本2冊+関連する本1冊というシステムが魅力的!書店で本を探すだけでは出会うことのできない本にshelffを利用すれば出会えます!

 

 

引取サービスを利用しないと、やはり月3,500円は高い…。そして検索のしずらさを感じているのはボクだけではないようなのでこちらは改善して頂きたいポイントですね!

 

shelffの利用方法は簡単!

shelffの利用方法はシンプルで簡単です。

 

step
1
ウィッシュリストを作成

読みたい本を最低10冊、ウィッシュリストに登録します。

 

step
2
通知を受け取る

本が届く約2週間前になると、shelffから通知がきます。

 

step
3
本を受け取る

作成したウィッシュリストから2冊、関連した本が1冊、自動選択されて自宅に届きます。

 

とりあえずウィッシュリストだけ作成すればオッケーってことですね!あとはどんな本が届くかワクワクしながら待つのみ!

 

shelffは登録して、実際にどんな本があるのかのラインナップをみるだけであれば無料です。

 

登録はメールアドレスのみでできるので、気になった人は登録だけして、実際のラインナップを確認してみるのがオススメ。

 

shelffの無料登録はこちら

 

まとめ:shelffで読書習慣を

本記事では、本のサブスクサービスである「shelff」を紹介しました。

 

電子書籍のサブスクと言えば、月額980円で利用できるAmazonの「Kindle Unlimited」が有名ですが、「紙の本」のサブスクは新しいサービスです。

 

紙の本には電子書籍には無い、「読書をしている感」があり、これを体験するにはもってこいのサービスだと感じました。

 

これを期に、あなたも月3冊の読書習慣をはじめてみてはどうでしょう。

 

shelffの無料登録はこちら

  • この記事を書いた人

ソーイチ

29才都内勤務サラリーマン。妻と娘を愛する副業ブロガー。 ブログ開設7ヶ月で収益5桁を突破。当ブログでは【サラリーマン×ブログ】【VOD】【退職代行】をメインに発信していきます。何者でもないサラリーマンが何者かになるまでの軌跡をご覧ください。

-LIFE

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.