【最新版】kindle端末の全4機種を徹底比較!あなたの読書の相棒はどれ? | 脱!ラットレースBlog

何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

【最新版】kindle端末の全4機種を徹底比較!あなたの読書の相棒はどれ?

Kindle Paperwhite LIFE

【最新版】kindle端末の全4機種を徹底比較!あなたの読書の相棒はどれ?

読書する人
kindleで電子書籍デビューがしたい!いくつか種類があるけど、どれがいいかな?

 

この記事では、Amazonの電子書籍リーダー「kindle」について、上記のような悩みを解決します。

 

本記事では、最新のkindle端末の素晴らしさを解説しつつ、全4機種それぞれの違いをわかりやすく比較し、あなたのkindleデビューをサポートしていきます。

 

kindleヘビーユーザーであるボクが解説していくので、最後まで是非チェックして見てください!

 

kindle端末は、kindle(無印)kindle Paperwhitekindle Oasiskindleキッズモデル4ラインナップとなっていて、詳しいスペックなどは下記のとおりです。

 

kindlekindle Paperwhitekindle Oasis
価格8,980円〜13,980円〜29,979円〜
重さ174g182g188g
ディスプレイ6インチ6インチ7インチ
画面解像度167ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 5個LED 25個
容量8GB8GB/32GB8GB/32GB
フラットベゼル
防水機能
色調調節
明るさ自動調節
ページ送りボタン
人間工学デザイン

kindleキッズモデルは、価格は10,980円で専用のキッズケースと1,000冊以上の子供向けの本が追加料金なしで1年間読み放題になります。スペックはkindleと同じです。

 

「記事を最後まで読むのがめんどくさい」、「とりあえず自分にあった端末を端的に教えて欲しい」という人は下記の条件で選べばオッケーです。

 

価格重視!電子書籍が読めれば良い人 ➡︎

コスパ最強!お風呂で読書がしたい人 ➡︎

最強スペック!最高の読書がしたい人 ➡︎

子供の読書習慣に!プレゼントとして ➡︎

 

これだけじゃ決められないって人は、本記事を最後まで読んで、じっくり検討していきましょう。

 

ちなみにボクは人気No.1でコスパ最強の「kindle Paperwhite」を購入しました!ぶっちゃけ一番オススメです!

 

Kindle Paperwhite レビュー
【圧倒的な自由を】Kindle Paperwhiteを超主観でレビュー

読書する人やばい…もう本がいっぱいで身動きが取れない。 電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteを買えば解決するかも! でも電子書籍って何となく抵抗あるんだよな…   この記事で ...

続きを見る

 

kindle端末のここが凄い!

まずはkindle端末に共通する「ここが凄い!」というところを紹介していきます。

 

kindle端末の凄いポイント4つ

  1. 目に優しく、画面の質感は紙そのもの
  2. 軽くてコンパクトだから読む場所を選ばない
  3. 数千冊の書籍が持ち運べてカバンもスッキリ
  4. 余計な機能一切なし!読書に超集中できる

目に優しく、画面の質感は紙そのもの

kindle ブルーライトゼロ

kindle端末の画面は特殊なe-inkディスプレイを採用しており、その質感は紙のようで電子書籍の概念が覆されます

 

スマホやタブレット端末からでるブルーライトもkindle端末は完全カットしていて、直接目を照らさないフロントライト方式だから、とにかく目に優しいです。

 

スマホやタブレット端末で電子書籍を読んでいると、目が疲れてなかなか文字が頭に入ってこないなんてこともありますが、kindle端末であれば長時間読書も快適。

 

ブルーライトがゼロなので、就寝前の読書にも最適ですよ!

 

軽くてコンパクトだから読む場所を選ばない

kindle コンパクト

kindle端末はどれも200g未満片手で持っても疲れない重さです。

 

サイズもコンパクトなので、スマホを持つのと同じ感覚で読書ができ、毎日の通勤電車など、混雑している環境でも読書が楽しめます。

 

また、kindle端末のディスプレイは光を反射しない反射抑制スクリーンを採用しているため、屋外での読書も快適です。

 

kindle端末なら屋内はもちろん、屋外や混雑している場所でも読書を楽しめます!

 

数千冊の書籍が持ち運べてカバンもスッキリ

kindle 数千冊持ち運べる

kindle端末なら数千冊の書籍がコンパクトな一台におさまります

 

あなたの家の本棚はスッキリし、外出時のカバンは驚くほど軽くなるかもしれません。

 

一回の充電で数週間の使用が可能なので、カバンに入れっぱなしで充電が切れて読みたいときに読めないなんてこともないです。

 

kindle端末は文庫本より薄く、コンパクト。カバンに入れて持ち運ぶには十分すぎるスペックです!

 

余計な機能一切なし!読書に超集中できる

kindle 読書に超集中できる

kindle端末は他のタブレット端末と違い、読書をするための専用端末です。

 

読書をする以外の機能は一切ついていないので、読書中にメールやLINE、SNSの通知などに邪魔されることはありません。

 

kindle端末なら、読書の世界に没頭できます。

 

実はこれが非常に大きな魅力で、誰にも邪魔されず読書に超集中できます!

 

kindle端末のここはご愛敬

kindleは読書に特化した魅力的な端末ですが、少なからず知っておかなければならないデメリットもあります。

 

kindle端末のご愛敬ポイント2つ

  1. 動作がもっさりしている
  2. 画面表示は白黒オンリー

動作がもっさりしている

kindle端末は、iPadなどの他のタブレット端末と比べ、動作はかなりもっさりした感じです。

 

他のタブレット端末のようなヌルヌルした動作を期待していると、結構ギャップを感じてしまうのでここはご愛敬ということで認識しておきましょう。

 

とはいえ、読書中に必要な動作は基本的にはページをめくるときのタップのみなので、慣れれば全く問題ないです。

 

大事なところにマーカーを引くときに少しストレスを感じますが、許容範囲です!

 

画面表示は白黒オンリー

kindle端末の画面は白黒で、カラーには対応していません。

 

カラー写真の乗っている雑誌なども読むことは可能ですが、白黒表示になってしまうのでおすすめできないです。

 

kindle端末はあくまでも「文字」を読むためのものであると考えるのが良いでしょう。

 

ボクはビジネス書や小説しか読まないので全く気になりません。カラー表示が多い漫画などをメインに読もうとしている人は要注意です。

 

kindle端末4機種を徹底比較!それぞれの特徴は?

kindle端末について理解できたところで、いよいよ全4機種を紹介していきます。

 

繰り返しになりますが、現状Amazonから発売されているkindle端末は下記の4機種です。

  • kindle
  • kindle Paperwhite
  • kindle Oasis
  • kindleキッズモデル

それぞれの特徴も踏まえ、解説してきます。

 

比較① kindle

kindle

おすすめポイント

  • kindleシリーズ最安値の価格設定
  • 重さたったの174gで最軽量モデル

妥協ポイント

  • 他の機種と比べて解像度が劣る
  • 容量が8GBのみ

 

kindleは全4機種の中で唯一、1万円を切る8,980円から購入することができます。

 

上位モデルのkindle Paperwhiteより5,000円安いので、とにかく安く出費を抑えて電子書籍を楽しみたい人にはおすすめです。

重さも174gと最軽量の為、通勤電車など、片手で一定時間以上利用する人、特に力の弱い女性などには良いかもしれません。

 

注意しなければならないのは、最安値モデルであるが故に、解像度は他の機種と比べて劣ります。

kindle Paperwhite、kindle Oasisの解像度が300ppiなのに比べて、kindleは167ppiと約半分

通常の文字を読む分には良いですが、細かい描写のある漫画や、文字を小さくして読む場合にはドット感が気になります

 

エントリーモデルとして購入するのは良いですが、予算に余裕があるのであればひとつ上のグレードのkindle Paperwhiteも検討してみるのも良いと思います。

 

比較② kindle Paperwhite

kindle Paperwhite

おすすめポイント

  • 300ppiの高解像度
  • 防水機能搭載(IPX8等級)
  • 8GB/32GBを選択可能

妥協ポイント

妥協ポイントについては見つかりません…が、さらにひとつ上位機種であるkindle Oasisと比べると、物理ボタンがない、色彩調整ができないなどが上げられます。

 

ボクが個人的に一番オススメなのは間違いなくこのkindle Paperwhiteです。

kindleよりも5,000円高い価格設定ではありますが、その5,000円で受けられる恩恵が大きすぎます。

 

まず、画面の解像度が約2倍の300ppiになります。

iPhone11の解像度は326ppiなので、それに匹敵する解像度ということになるので、細かい文字や繊細なタッチで描かれた漫画もストレスなく楽しめます

 

更に、kindle Paperwhiteは防水仕様となるので、お風呂やプールサイドなどの水場環境でもゆっくり読書をすることが可能です。

 

容量も8GB、32GBと選択が可能で、より自分にあったkindle端末にすることができます。

 

更に上位機種であるkindle Oasisと比べると、ついていない機能もありますが、ぶっちゃけkindle Paperwhiteは一番ちょうど良いんですよね!本当おすすめです!

 

 

比較③ kindle Oasis

kindle oasis

おすすめポイント

  • 唯一の物理ボタンつき機種
  • 他の機種より大きい7インチディスプレイ
  • 色調調整・自動明るさ調整機能つき

妥協ポイント

  • 価格が高い

 

kindle Oasisは全4機種の中の最上位モデルであり、価格は29,979円からです。

 

画像解像度や防水仕様はkindle Paperwhiteと同じですが、唯一の7インチディスプレイを採用していたり、ページめくりの為の物理ボタンがあったりとより読書を快適にする為の機能が満載です。

 

また、画面の色調をホワイトからセピア風の暖かい色に調整でき、かつ周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動で変更してくれたりと目にも優しい機能が追加されています。

 

結構なお値段はしますが、電子書籍リーダーとして最高のパフォーマンスであることは間違いなく、あなたに最高の読書体験を提供してくれる一台です。

 

 

比較④ kindleキッズモデル

kindleキッズモデル

おすすめポイント

  • 1,000冊以上の子ども向けの本を1年間追加料金なしで読み放題
  • 2年間保証つきで壊れたら無料でお取り替え
  • 専用のキッズカバーつき

kindleキッズモデルは通常のkindleにプラス2,000円で購入できる子供向けの電子書籍リーダーです。

 

端末はkindleと全く同じですが、専用のキッズケースと、万が一壊れてしまっても2年間は無料で取り替えてくれる保証サービスがついています。

 

kindleキッズモデル 規格

 

また、1,000冊以上の子ども向けの本が1年間追加料金なしで読み放題になるなど、お子様に読書を進めたい人にはピッタリな一台です。

 

お子様へのプレゼントとしても最高ですね!また通常のkindleとして利用することもできるので、子どもだけではなく大人が使ってももちろんオッケーです。

 

 

購入する端末が決まったら容量・広告・接続方法を選ぶ

  • kindle
  • kindle Paperwhite
  • kindle Oasis
  • kindleキッズモデル

 

上記の4機種から購入する端末が決まったら、下記の3つの項目を選択していきましょう。

  • 容量
  • 広告の有無
  • 接続方法

 

容量 「8GB」か「32GB」

kindle、kindleキッズモデルは8GBモデルのみですが、kindle Paperwhiteとkindle Oasisは2つの容量が選択できます

 

32GBを選択するとプラス2,000円です。

 

  • 漫画を読まない人→8G
  • 漫画を読みたい人→32G

基本的にはこの考え方で大丈夫です。

 

小説などの文字テキストメインであれば8Gでも8,000冊のダウンロードが可能なので十分すぎます。

 

漫画の場合だと

  • 8G→約100冊
  • 32G→約450冊

となるので8Gでは少し心もとないので、32GBを選択するのがオススメです。

 

万が一容量が一杯になってもクラウド上に購入した電子書籍は保管されているからいつでも入れ替えでダウンロード可能です。

 

広告 「つき」か「なし」

kindleキッズモデル以外のkindle、kindle Paperwhite、kindle Oasisは広告つき広告なしを選択できます。

 

広告なしにするとプラス2,000円です。

 

広告つきだと待機画面ホーム画面下がKindleの広告になります。

 

 Kindle Paperwhite 広告あり 待機画面

待機画面

Kindle Paperwhite 広告 ホーム画面

ホーム画面

 

ちなみに広告つきでも読書中の画面には一切広告はでてこないので読書体験の邪魔にはなりません

 

正直ボクは読書中、広告がでないので、価格の安い広告つきモデルでも全然良いと思います。

 

注意ポイント

広告つきモデルを購入した後に、追加料金を払って広告なしにアップグレードすることはできません。少しでも広告にストレスを感じる可能性がある人は最初から広告なしのモデルを購入しましょう。

 

「広告つき」と「広告なし」モデルの違いについては、Kindle Paperwhiteは広告つきモデルじゃダメ?2,000円の差を解説でも詳しく解説しています。

 

Kindle Paperwhite 広告つき 広告なし
Kindle Paperwhiteは広告つきモデルじゃダメ?2,000円の差を解説

読書する人Kindle Paperwhiteが欲しいんだけど「広告つき」か「広告なし」、どっちにしようか迷う。2,000円の差は結構大きいし、違いを教えて欲しい!   この記事では、Kind ...

続きを見る

 

通信方法 4Gを「つけるか」「つけないか」

kindle Paperwhite、kindle Oasisの2機種は通信方法をWi-FiのみWi-Fi+無料4Gが選択できます。

 

4Gを追加するとkindle Paperwhiteの場合、プラス5,000円、kindle Oasisの場合、プラス6,000円です。

 

  • 自宅にWi-Fi環境がある人→Wi-Fiのみ
  • 自宅にWi-Fi環境がない人→Wi-Fi+無料4G

を選べばオッケーです。

 

Kindle端末は共通して、一度書籍をダウンロードしてしまえば、オフライン環境でも読書が楽しめます

 

自宅にWi-Fi環境があるのであれば、家でダウンロードしておけば外でも自由に読書できるので4Gは不要です。

 

注意ポイント

Wi-Fi+無料4Gの場合、32G、広告なしモデルしか選択できず、最高スペックで購入せざるを得なくなってしまいますので注意しましょう。

 

まとめ:あなたにあったkindle端末を!

最後にもう一度、各kindle端末のスペックをまとめておきます。

kindlekindle Paperwhitekindle Oasis
価格8,980円〜13,980円〜29,979円〜
重さ174g182g188g
ディスプレイ6インチ6インチ7インチ
画面解像度167ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 5個LED 25個
容量8GB8GB/32GB8GB/32GB
フラットベゼル
防水機能
色調調節
明るさ自動調節
ページ送りボタン
人間工学デザイン

kindleキッズモデルは、価格は10,980円で専用のキッズケースと1,000冊以上の子供向けの本が追加料金なしで1年間読み放題になります。スペックはkindleと同じです。

 

価格重視!電子書籍が読めれば良い人 ➡︎

 

コスパ最強!お風呂で読書がしたい人 ➡︎

 

最強スペック!最高の読書がしたい人 ➡︎

 

子供の読書習慣に!プレゼントとして ➡︎

 

是非、あなたにあった最高のkindle端末をゲットして、贅沢な読書体験をしてみてはいかがでしょうか!?

  • この記事を書いた人

ソーイチ

30才都内勤務のサラリーマン。ブログと読書とインデックス投資が大好きです。本ブログでは、サラリーマンが無理なく、自身の体験談に基づいた情報をのんびり発信しています。

-Kindle Paperwhite, LIFE

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.