何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

会社を辞める方法

JOB 退職代行

【裏技あり】会社をほぼ確実に辞める方法3つを徹底解説

会社を辞めたいけど、なかなか言い出せない…
会社を辞めると伝えても却下されそうだし無理な引き止めにあったらどうしよう。
確実に会社を辞められる方法ってないのかな?

 

この記事ではこのような問題を解決します。

 

本記事では会社をほぼ確実に辞められる3つの方法を解説していきます。

 

本記事の内容


  • 自分で会社を辞める方法
  • 退職代行を使って辞める方法
  • 「裏技」退職代行を使わずに即日退社する方法

 

この記事を読めば、あなたに合った方法でほぼ確実に会社を辞めることができます。

 

そもそも退職することは誰もが持っている当然の権利です。

「辞められない」ということは法的にありえません。

 

安心して退職しましょう。

 

あなたに合った会社を辞める方法は?

ここはシンプルに考えましょう。

あなたが上司に「会社を辞めます」と言えるかどうかです。

 

  • 言える→自分で会社を辞める
  • 言えない→退職代行を使って会社を辞める

 

自分で「会社を辞めます」と言える人は下記の自分で会社を辞める方法を。

 

自分で「会社を辞めます」と言えない人は下記の退職代行を使って会社を辞める方法を読んでください。

 

自分で会社を辞める方法

自分で会社を辞める方法について以下の3ステップです。

 

  1. 上司に「辞めます」と伝える
  2. 退職届を提出する
  3. 説得、脅しなどは全て無視

 

それぞれ簡単に解説していきます。

 

人事権のある人間に「辞めます」と伝える

基本的にやることはこれだけです。

 

最短で辞めたいのであれば2週間後の日付を指定して「辞めます」と上司に伝えましょう。

 

有給が2週間以上残っている場合には有給がフルで消化できる日付を退職日に指定するのがいいでしょう。

 

ここで注意すべきことは「辞めたいです」とか「辞めようと思っています」と相談するのではなく「○月○日に会社を辞めます」と事実だけを伝えましょう。

 

「辞める」ということを明確に示せば2週間後に退職することができるように法律で決められているからです。

 

もし会社側から「そんなことは認めない!辞めさせない」と言われても無視してオッケーです。

 

会社にはそんな権利はありませんから。

 

退職届を提出する

退職届は必ずしも必要なものではありませんが、大体の会社では提出するように言われます。

 

そこは素直に従ったほうが退職もスムーズなので可能であれば提出するのがおすすめです。

 

退職届は会社で指定の書式があればそれを使って問題ないです。

 

特に指定のものがなければ、ネットなどのテンプレートを使いましょう。

 

退職日の日付ですが、上記でも解説した通り、最短で辞めたければ2週間後の日付を書きます。

 

有給が2週間以上残っていれば全て消化できる日付で書くと良いでしょう。

 

説得、脅しなどは全て無視

引き止めや説得は全て無視です。

 

  • 「人手不足だから辞められたら困る」
  • 「辞めることなんて絶対に認めない」
  • 「代わりが見つかるまで辞めないで欲しい」

これらは全て会社側の都合です。あなたには関係ありませんので全て無視してオッケーです。

 

そもそも会社が認めなくても法律で認められているので問題ありません

 

また引き止められたり説得されるならまだしも、脅してくるような会社は論外です。

 

そういった会社に残る意味は全くないので、確実に退職しましょう。

 

退職代行を使って会社を辞める方法

自分で会社を「辞めます」と言えない人は代わりに退職代行に伝えてもらいましょう。

 

退職代行で会社を辞めるステップは以下の3ステップです。

 

  1. 退職代行に無料相談する
  2. 退職代行に申し込み
  3. 退職届や返却物を郵送する

 

ちなみに「退職代行ってそもそもなに?」って人は下記の記事を読んでみてください。

 

分かりやすくシンプルに解説しています。

 

おすすめ記事
退職代行とは
退職代行とは?超シンプル解説【利用するメリット・デメリットは?】

会社を辞めたいけどなかなか切り出せない… そういえば最近「退職代行」ってよく聞くけどどんなサービスなんだろう。 退職代行についてもっと詳しく知りたいな。   この記事ではこんな疑問を解決しま ...

続きを見る

 

それではこちらも簡単に。

 

メディアにも多数掲載されている退職代行サービス「退職代行EXIT」を例に解説していきます。

 

退職代行に無料相談する

まずはLINE・メール・電話で無料相談をしましょう。

 

退職をするにあたって希望する条件をしっかり伝えることで理想の退職に近づきます。

 

事前にどのような退職をしたいかを下記のように考えておくのがおすすめです。

 

  • 今日もしくは明日から会社に行きたくない
  • 有給休暇を取得してから会社を辞めたい
  • 会社の人と二度と会いたくないし話もしたくない…などなど

 

ちなみに「退職代行EXIT」なら24時間365日、無料相談を受けているので即日対応即日退社なんてこともできちゃいます。

 

また基本的には依頼をしたら、一切出社する必要はなくなるので、退職を伝えた後の気まづさなんかもないので安心です。

 

退職代行に申し込む

退職条件などが決まったら正式に退職代行の依頼をするために申し込みをしましょう。

 

退職代行の料金相場はおおよそ30,000円〜50,000円ほどです。

 

銀行振込やクレジット決済などで支払いが可能なので、支払い方法を確認して支払いが完了すれば正式に退職代行に依頼完了です。

 

そこそこの金額を支払って辞められなかったらどうなるのと心配な声も聞こえてきますが大丈夫です。

 

しっかりとした退職代行サービスに依頼をすればほぼ100%の確率で退職が可能です。

 

退職代行EXITもこれまで2,500件以上の退職代行を行なっていますが、成功率は100%です。

 

これまで辞められなかった人は一人もいないので安心して依頼をしましょう。

 

退職届や返却物を郵送する

申し込みが完了したら退職代行があなたの代わりに会社に退職の意向を伝えてくれます。

 

基本的には本人に連絡が来ないように退職代行が会社に伝えてくれますが、万が一連絡がきても無視すれば大丈夫です。

 

退職代行はあくまでもあなたの代わりに退職の意向を伝えてくれるサービスです。

 

退職届などは本人から直接会社に郵送します。

 

返却物なんかがあれば、そちらも郵送でオッケーです。

 

これで退職は完了です。

 

早ければ当日もしくは明日から会社に行かなくてよくなります。

 

退職代行EXITでは、退職が無事完了するまで何度でも追加料金なしで相談することができます。

 

また、退職後の転職サポートもあるので退職代行を利用する時は検討してみるといいかもしれません。

 

おすすめ記事
【最新版】退職代行EXITの評判・特徴・料金を徹底解説

退職代行サービスを使って会社を辞めたい! 今話題の「退職代行EXIT」が気になるんだけど本当に辞められるか心配… サービスの評判や特徴なんかについて詳しく知りたいな。   この記事ではこのよ ...

続きを見る

 

【裏技】退職代行を使わずに即日退職する方法

退職代行を使う一番のメリットは自分で「辞めます」と言わずに退職できることです。

 

更に依頼したその日から会社に行かなくて良くなるのでストレスフリーで退職することが可能です。

 

では退職代行を使わず直接「辞めます」と言わなくても即日退職する方法はないのでしょうか?

 

実は退職代行を使わずに即日退職することも可能です。

 

その方法を最後に解説して終わりたいと思います。

 

以下の手順で退職できます。

 

  • 人事権のある人間に退職メールを送る
  • 退職届を郵送する
  • 引き継ぎ資料を郵送する
  • 返却物を郵送する
  • 退職後に必要な書類を会社から郵送してもらう

 

それぞれ解説していきます。

 

人事権のある人間に退職メールを送る

このメールで書くことは下記の2点です。

 

  • 2週間後の日付を指定して、この日に「退職します」ということ
  • 「明日からもう会社に行けません」ということ

 

メールで「辞めます」と明確に意思表示する

上でも解説したように「辞めたいです」とか「辞めようと思ってます」という書き方はNGです。

 

しっかり「辞めます」と断言しましょう。

 

明確に退職の意思を伝えれば法的に2週間後には退職することが可能だからです。

 

メールで「明日から会社に行けない」ことを伝える

そしてもう一つ。

 

もう明日から会社に行けないということを伝えましょう。

 

  • 有給が2週間以上残っている場合→2週間後の退職日までは有給を使いますと書けばオッケー
  • 有給が残っていない場合→2週間後の退職日まで欠勤しますと書けばオッケー

 

有給が2週間以上残っている場合

2週間後の退職日までは「有給を使います」と書けばオッケーです。

 

「有給を使いたい」ではなく明確に「有給を使います」と書きましょう。

 

有給に関しては会社側に基本的には拒否する権利はないのでしっかり宣言しちゃいます。

 

一応、有給の時期をづらすようにする権利も会社側にもあるんですが、そもそも退職してしまうのでそれも無効です。

 

ちなみに有給がたくさん(2週間以上)残っていて全て使い切ってから退職したい場合には、退職日を2週間後ではなく有給を使い切れる日付にしましょう。

 

2週間後以降であれば、基本的には自分で決めた日に退職できるのでうまく有給を消化して辞めましょう。

 

有給が残っていない場合

2週間後の退職日まで欠勤します」と書けばオッケーです。

 

何かしら理由をつけて退職日まで欠勤する旨を書きましょう。

 

ぶっちゃけここについては会社側もなかなか納得しないと思います。

 

「精神的にもう限界である」とか「仕事に行こうとすると体がおかしくなる」とかの理由でゴリ押ししましょう。

 

納得できないと言われても突っぱねるしかありません。

 

2週間後に退職する」ことと「それまで有給を使う」ことは法律で認められているので何を言われようが自信を持って大丈夫です。

 

有給が残っていない場合にはゴリ押しする必要があるので、面倒であれば退職代行を利用した方が無難かもしれないです。

 

退職届を郵送する

メールだけでも法的には退職できますが、もっと確実にするために退職届を送りましょう

 

書式は会社のものがあればそれを使い、なければネットから拾ったテンプレでオッケーです。

 

退職届の退職の日付は最初にメールで送った退職日と一緒にします。

 

ちなみにですが、退職届を送る際は必ず内容証明郵便で送ります。

 

内容聡明郵便であれば、郵便内容を郵便局が保証してくれて受取拒否もできません。

 

可能であれば、「退職日まで有給を使いますといった書面」も一緒に送っちゃいましょう。

 

そのほうが有給取得もスムーズに行くのでおすすめです。

 

退職届を送るタイミングですが、なるべく早く送りましょう。

 

メールを送る日の当日に届くように前もって送っておけばベストです。

 

引き継ぎ資料を郵送する

引き継ぎ資料は必ずではありませんが、作ったほうがいいです。

 

あなたにしか分からないことや、引き継いでおいたほうがいいことなどを資料としてまとめれば大丈夫です。

 

資料はメール、もしくは郵送します。

 

返却物を郵送する

返却物がある場合には郵送しましょう。

 

  • 社員証
  • 保険証
  • 制服や備品…などなど

 

これらは紛失すると面倒なので書留などで郵送するのが無難です。

 

もし前から会社を辞めると決めていたのであれば自分のデスクなどに返却物を入れておけば手間がかかりません。

 

メールで返却物はデスクの引き出しに入れてありますと送ればそれでオッケーです。

 

退職後に必要な書類を会社から郵送してもらう

最後に退職後の書類を自分の住所に郵送してくださいとメールで依頼しましょう。

 

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 健康保険被保険者資格喪失証
  • 年金手帳…などなど

 

これらの中で発行を希望するのもをしっかりメールで伝えます。

 

発行の依頼があった場合には発行するのが会社の義務なので伝えさえすればまず大丈夫です。

 

以上で退職代行を利用しないで即日退社が完了です。

 

まとめ:あなたに合った退職をしましょう

  • 「辞めます」のひとことが言える人
  • 「辞めます」のひとことが言えない人
  • 退職代行を使わずに即日退社したい人

 

退職の仕方は人によって様々です。

 

「辞めます」のひとことが言える人

明確に「辞めます」という意思表示さえできれば、2週間後に会社は辞められます。

 

これは法的にも認められていて、会社の承諾を得る必要もありません。

 

自信をもって退職しましょう。

 

「辞めます」のひとことが言えない人

退職をするにあたって一番ハードルが高いのがこの最初の「辞めます」のひとことです。

 

退職代行を利用すれば、このハードルをいとも簡単に飛び越えられます。

 

費用はかかってしまいますが、即日退社もできてほぼ確実に辞められるメリットは大きいです。

 

おすすめ記事
【おすすめ】退職代行サービス5社を詳しく紹介【利用するメリット、デメリットを解説】

  あー!! 会社行きたくない。 毎日サービス残業、上司からの罵倒… 会社辞めたいけど絶対辞めさせてくれないだろうな。 辞めるなんて言ったら今よりもっと追い込まれそうだし… そんなに辞めたい ...

続きを見る

 

退職代行を使わずに即日退社したい人

有給が2週間以上残っていればそこまでハードルも高くはありません。

 

ただし、やはり会社と直接メールなどでやりとりをする必要があるためそれなりの労力がかかります。

 

わざわざ退職代行にお金を払ってまで依頼したくないという人は挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

退職することは誰しもがもっている当然の権利です。退職するかどうかを決めるのは会社ではなくあなた自身です。

-JOB, 退職代行

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.