何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

「人を操る禁断の文章術」文章の目的は行動させること【要約・書評】

書評

「人を操る禁断の文章術」文章の目的は行動させること【要約・書評】

読書する人
人を操る禁断の文章術」の要約が知りたい。
文章で相手を思うままに行動させることなんてできるのかな?

 

この記事ではメンタリストのDaiGoさんが書かれた「人を操る禁断の文章術」の要約・書評をしつつ、上記のような悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 文章を書くたったひとつの目的とは
  • 人を操る文章の「3大原則」について

 

本記事では、本書を読んでボクが特に大切だと感じた上記2点について解説していきます。

 

本書は、上記の2点以外にも「人を文章で動かす7つの心理トリガー」や「人を動かすための5つのテクニック」についてもわかりやすく書かれているのでおすすめです。

 

実際にこの本を読んで、思った以上に文章術は日常生活で使えると実感!
普段、文章をほとんど書かないような人にとっても、人生を豊にするヒントが隠されているのでおすすめしたい一冊です。

 

 

文章を書くたったひとつの目的

文章のたったひとつの目的、それは「今すぐ人を行動させること」であるとDaiGoさんは本書で言っています。

 

文章で人を行動させること、つまりは「人を操る禁断の文章術」を習得すれば、あなたの人生はより豊になるはずです。

 

営業であれば文章で商品を売ることができるようになり、ブログやTwitterなどの文章を使った媒体では影響力だって手に入れられるでしょう。

 

プライベートでもメールやラインを使って意中の相手と親密な関係になれるかもしれません。

 

文章が持っている最強の力

では、なぜ文章にはここまでの力があるのでしょうか?

 

それは、文章には「人に想像させる力」があるからです。

 

「あなたの思う、世界最高の美女とは?」

 

このたった一行の文章だけで、誰もが頭の中に「自分が思う絶対的な美女」を思い浮かべるはずです。

 

人は文章を目にすると、何かをイメージしその対象について想像し始めます。

 

そして、そのイメージは、ときに行動するための強力な原動力となり、これこそが文章に秘められた「人の心を動かす力」の正体です。

 

人を操る文章のしくみ

上記で解説した通り、文章はただ書くのではなく、読んだ相手の想像力に働きかけるために書く必要があります。

 

文章を書くとその読者は

読む言葉に反応する想像する行動を起こす

 

これが文章を読んで人が行動する、「人を操る文章」のしくみです。

 

文章は、読まれるために書くものではない。行動させるために書くものだ。

 

これを頭に入れて、読者に何を想像させて、どう行動させるかを考えながら文章を書けばいいってことですね!

 

「人を操る文章」の3大原則

では、この「人を操る文章」はどのようにすれば書けるのでしょうか?

 

本書では、「書かない」3原則として紹介されています。

 

人を操る「書かない」3原則

  • 原則1:「あれこれ書かない」
  • 原則2:「きれいに書かない」
  • 原則3:「自分で書かない」

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

原則1:「あれこれ書かない」

シンプルイズベストです。

 

あれこれ書かず、あえて短い文章で相手の想像力を利用して行動に導きましょう。

 

目指すべきは「伝わる文章」ではなく「したくなる文章」です。

 

上記で解説した通り、人は文章を「読む言葉に反応する想像する行動を起こす」の順で動きます。

 

ガチガチに情報が詰め込まれた長い文章では、読者の想像する幅が狭まり行動の幅も狭まります

 

本書によれば、人は受け取った情報が少なければ、それを自分の想像力で予測して判断する習性があるとのことです。

 

つまり、文章には余計な情報は入れず、読者が反応しやすい言葉で、可能な限りシンプルに書く

 

文章に、読者が自分の想像力で判断し、都合のいいように解釈できる「隙」や「余白」をあえて残しておくことこそが「あれこれ書かない」のコツです。

 

ちなみに読者が反応しやすい言葉は、読者の属性によって変わってきます。
文章を誰に向けて書いているのかを明確にし、読者が何を期待して文章を読むかを徹底的に考えましょう!

 

原則2:「きれいに書かない」

「きれいに書かない」とは、感情を揺さぶる文章を書け!ということです。

 

国語の教科書などに出てくるような「まじめな文章」は必要ありません。むしろダメです。

 

まじめに書くほどこちらの気持ちがこもらず、「きれいな文章=表面的な文章」になってしまいます。これでは読み手の心にも届きません。

 

きれいな文章を書こうとすると、どうしても当たり障りのない表面的な文章になってしまいます。

 

上部だけの関係では人を動かせないのと同じで、表面的な文章でも人は動かせません。

 

そしてもうひとつ大切なのは、人は「論理」ではなく「感情」で動くということを理解することです。

 

では、感情に語りかけるような文章はどのようにしたら書けるでしょうか?

 

その答えは「話しかけるように書く」です。

 

本書の例文をひとつご紹介します。

 

ダメな例

「恋に迷っているときに見たい映画」

 

良い例

「『ねぇ私のこと本当に好き』とカレに聞く前に、この映画を見て下さい」

 

どうでしょう?

 

後者の文章の方が惹きつけられたのではないでしょうか。

 

後者の文章には「話しかけるように書く」のと合わせて「読み手の感情に響くキーワード」が入っています。

 

この差は歴然ですね!つまり、相手の感情を揺さぶるようなキーワードを散りばめて、話しかけるように文章を書くことが大切ということですね。

 

原則3:「自分で書かない」

「自分で書かない」とは一体どういうことでしょうか?

 

本書には以下のように書かれています。

 

文章は自分で考えるな!書くべきことは相手の心の中にある

 

つまり、自分の書きたい文章を書きたいように書くのではなく、読者が読みたい内容や求めている言葉を選んで文章を書きましょうということです。

 

では読者が読みたい内容を知るにはどうしたら良いでしょうか。

 

それは読者のことを徹底的に調べあげ、心を読むということで、本書ではマインドリーディングという方法で紹介されています。

 

マインドリーディングとは、ダイレクトマーケティングの世界で使われる言葉で、メッセージを送るターゲットを分析し、そこに向けた言葉を選び、文章を作成していく手法のことです。

 

例えばあなたが30代の男性会社員に向けて文章を書こうとしたとき、このマインドリーディングが役に立ちます。

 

まずは、30代の男性会社員の興味や関心のあるもの、悩みなどについて調べていきます。

 

知り合いに同じ属性の人がいればその人から直接聴いてみたり、それ以外にもSNSやブログ、流行りの雑誌など、様々なものからあなたのターゲットにした読者の情報は集められます。

 

さらに文章を書く上では、読者を出来るだけ具体化することが大切です。

 

  • 年齢は?
  • 職業は?
  • 家族構成は?
  • 人間関係は?

 

読者を具体化すればするほど、マインドリーディングもしやすく、文章も鋭さを増します。

 

文章は自分で書かずに相手の読みたい内容や言葉を選んで書けばいいってことですね!
文章の答えは自分の頭の中ではなく、全て読者の頭の中にあるということを意識して書けばオッケーです。

 

まとめ:「人を操る禁断の文章術」はおすすめの一冊

今回紹介した「人を操る禁断の文章術」はおすすめの一冊です。

 

本書を読んでもいきなり文章で人を操るレベルまではいけないかもしれません。

 

しかし、本書を読めば、あなたの文章に対する考え方は間違いなく変わるはずです。

 

行動が変われば世界が変わります。

 

文章で読者を行動させることができるように、その考え方であなたの行動も変えられるでしょう。

 

是非、本書を読んで、少しでも良い方向にあなたの人生が好転すれば幸いです。

 

 

>>オーディブルで「人を操る禁断の文章術」を無料で聴いてみる

 

本書はAmazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」 でも配信されています。

最初の一冊は無料で聴けるので、気になるけど読む時間がないって人は無料体験で聴いてみるのもおすすめです!

  • この記事を書いた人

ソーイチ

29才都内勤務サラリーマン。妻と娘を愛する副業ブロガー。 ブログ開設7ヶ月で収益5桁を突破。当ブログでは【サラリーマン×ブログ】【VOD】【退職代行】をメインに発信していきます。何者でもないサラリーマンが何者かになるまでの軌跡をご覧ください。

-書評

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.