「エッセンシャル思考」人生をシンプルに生きるための必読書【書評・要約】 | 脱!ラットレースBlog

何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

「エッセンシャル思考」人生をシンプルに生きるための必読書【書評・要約】

書評

「エッセンシャル思考」人生をシンプルに生きるための必読書【書評・要約】

悩む人
・仕事が忙しくて毎日がパツパツ…
・大量のタスクに追われる毎日…
・もっと人生をシンプルに生きたい!

 

こんな悩みを抱えている人が読むべき1冊。それが「エッセンシャル思考」

 

エッセンシャル思考を一言で説明するならば、それは「より少なく、しかしより良く」です。

 

本書を読むことで、本当に大切なことを見極め、最高のパフォーマンスを発揮することが可能になります。

 

本記事では、余計なノイズを削り、徹底的に大切なことにフォーカスして、人生をよりシンプルに生きるための教科書「エッセンシャル思考」の要点を要約していきます。

 

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考とは、繰り返しになりますが「より少なく、しかしより良く」を追求するものであり、効率を上げてより多くの仕事やタスクをこなすためのノウハウではありません。

 

エッセンシャル思考になるためにはまず、考え方を変える必要があります。まずは下記の3つの思い込みを克服していきましょう。

 

エッセンシャル思考になるために克服すべき3つの思い込み

  1. 「やらなくては」
  2. 「どれも大事」
  3. 「全部できる」

 

エッセンシャル思考を身につけるためには、これらの思い込みを捨て、3つの真実に置き換える必要があります。

 

非エッセンシャル思考⇒エッセンシャル思考

  1. 「やらなくては」⇒「やると決める
  2. 「どれも大事」⇒「大事なものはめったにない
  3. 「全部できる」⇒「何でもできるが全部はやらない

 

この本質を理解することで、本当に大事なことを見極め、最高のパフォーマンスを発揮することができるようになります。

 

エッセンシャル思考とは、「大事なことを自ら判断し、やることを決断する」、主体性の高い生き方です。

 

エッセンシャル思考の3つの基礎

エッセンシャル思考を理解するための3つの基礎となる考え方を紹介します。

 

エッセンシャル思考の3つの基礎

  1. 選択
  2. ノイズ
  3. トレードオフ

 

それぞれ簡単に解説していきます。

 

選択

エッセンシャル思考の人は、自ら「選ぶ」ことを選びます

 

自分で決められなければ、人の言いなりになるしかありませんし、それは人生の本質を見失うことと同じです。

 

「もしもたったひとつのことしかできないとしたら、自分は今、何をやるか?」

 

今こそ、自ら「選ぶ」ことを選ぶときです。

 

ノイズ

エッセンシャル思考の人は、世の中はノイズに溢れており、大多数のものは無価値であると考えます。

 

多数のノイズの中から、「これだけは」というものを見つけ、本当に重要なことにのみ「イエス」と言いましょう。

 

逆説的ですが、エッセンシャル思考の人は、選択するものは本当に大切なごくわずかですが、それを決めるために、非エッセンシャル思考の人と比べ、多くの選択肢を検討しています。

 

多くをやらなくてすむように、より多くのことを吟味しているのです。

 

トレードオフ

エッセンシャル思考の人は、「何かを選ぶことは、何かを捨てること」であることを知っています。

 

非エッセンシャル思考の人は、このトレードオフを無視して、全てを選ぼうとしますが、その代償は計り知れません。

 

トレードオフから目をそむけられても、逃れることはできないので、結果全てを選んで、全てが中途半端になってしまいます。

 

全てをやることを考えるのではなく、何に全力を注ぎ、何を捨てるかを考えましょう。

 

エッセンシャル思考を実行するための「減らす」技術

エッセンシャル思考の「より少なく、しかしより良く」を実行するためには本当に大事なものを見極め、それ以外のことを「減らす」技術が必要不可欠となります。

 

本書ではこの「減らす」技術を3ステップで紹介しています。

 

3つの「減らす技術」

  1. 見極める技術
  2. 捨てる技術
  3. しくみ化の技術

 

本当に大事なことを「見極める技術」、それ以外を「捨てる技術」、そして最後にこれらを「しくみ化する技術」です。

 

見極める技術

非エッセンシャル思考の人はあらゆる話に反応し、何でもかんでも手を出しますが、結果は全て中途半端です。

 

それに比べ、エッセンシャル思考の人は、何かに手を出す前に、沢山の選択肢やあらゆる可能性を慎重に検討し、「これだけは」ということだけを実行します

 

最終的に選択して行動することは、わずかですが、やると決めたことに対しては最高の結果をだします。

 

見極める技術に必要なポイント

  • 孤独
  • 洞察
  • 遊び
  • 睡眠
  • 選抜

 

孤独な時間を作る

大事なことを見極めるためには、じっくりと考えるための時間が必要です。

1日5分でもいいので、忙しい日常から離れ、自分ひとりでいられる孤独な時間を確保するようにしましょう。

 

洞察

大事なことを見極めるためには、情報の本質をつかみとることが必要です。

日々の日常の中のノイズから本質的なシグナルを探し、語られないことに耳を傾ける癖をつけましょう。

 

遊び

選択には遊びを忘れないようにしましょう。

遊びはストレスを軽減し、更に脳を活性化させてくれるので、選択肢の幅も広がります

 

睡眠

本質をみるためには、脳のパフォーマンスを最大化することが必要です。

非エッセンシャル思考の人は1時間睡眠を削って、1時間仕事ができると考えますが、エッセンシャル思考の人はもう1時間眠れば、1時間分以上の生産性が手に入ることを知っています。

睡眠時間は人によってまちまちですが、最低7時間は睡眠時間を確保しましょう。

 

選抜

何かを選ぶ時には、もっとも厳しい基準で決めるようにします。

絶対にイエスだといいきれないなら、それはすなわちノーである」、これくらいの基準を持って「イエス」と言えるようにしましょう。

 

捨てる技術

エッセンシャル思考では、「絶対にやるべきこと」を見極めたら、それ以外の「やらなくてもいいこと」をきっぱりと捨てなければいけません

 

人は自分が所有しているものを実際の価値より高く評価しがちで、捨てることに対しては少なからず不安を感じてしまいます。

 

しかし、エッセンシャル思考の「より少なく」を実行するためには、不要なものを切り捨てることは必要不可欠であり、捨てることが人生や仕事の転機となることもあることをしっかりと理解しましょう。

 

捨てる技術に必要なポイント

  • 目標
  • 拒否
  • キャンセル
  • 編集
  • 線引き

 

目標

まず最初に切り捨てるべきものは、あなたの目標、すなわち「やろうとしている意図」にそぐわないものです。

そのためにも最終目標を明確にします。明確にするということは「完全に明確」にすることであり、具体的かつ魅力的であればあるほど、それに比例して不要なことが判断しやすくなります

 

拒否

「絶対にやるべきこと」以外に対しては、断固として「ノー」を貫きましょう。

大切なことがわかっていれば、それ以外のことを断ることができるようになります。曖昧なイエスはただの迷惑なので、きっぱりと断るのが大切です。

 

キャンセル

過去の損失を切り捨てる勇気を持ちましょう。

過去の損失に執着するのはやめ、「いまこの瞬間からやりはじめるか」を考え、その答えがノーであれば進んで損切りしてキャンセルをするようにしましょう。

 

編集

エッセンシャル思考でいう編集は、あれこれと付け加えることではなく、余分なものを容赦なく削り、より本質を取り出す作業のことです。

良くすることは何かを付け加えることではなく、何かを削ることであることを理解しましょう。

 

線引き

エッセンシャル思考の人は境界線を大切にします。

仕事とプライベート、自分がやるべきこととそうでないこと、あらゆるものに明確な線引きをすることで、自由が生まれ、断らずして自分のやるべきことに集中できるようになります。

 

しくみ化の技術

非エッセンシャル思考の人は、何事も根性や努力で解決しようとします。

 

それに対して、エッセンシャル思考の人は、なるべく根性や努力がいらないように、自動的にうまくいくしくみをつくります

 

一度やると決めたら、それをいかにしたらラクに継続できるかを考え、しくみ化していくことが大切です。

 

しくみ化の技術に必要なポイント

  • バッファ
  • 削減
  • 前進
  • 習慣
  • 集中

 

バッファ

バッファとは、2つのものがぶつからないようにするためのものであり、エッセンシャル思考では、常に最悪の事態を想定することに繋がります。

土壇場にならないと頑張れない非エッセンシャル思考ではなく、常にバッファを持ち、準備と計画に全力を注ぐエッセンシャル思考を身に着けましょう。

 

削減

エッセンシャル思考では、仕事を減らし、成果を増やします。

非エッセンシャル思考の人は場当たり的に問題を対処するので、結果的に本当に大切な問題を解決できません。

問題を解決するときは、本当の障害を見極めしれを取り除きますそうすれば無駄な仕事は減り、成果に直結する仕事に集中できる時間は増えます

 

前進

エッセンシャル思考の人は、小さな一歩を積み重ねることを大切にします。

一発逆転を狙うのではなく、小さく初めて大きな成果を得るのです。毎日1センチづつでもいいから、より良い未来のために近づくことを始めてみましょう

 

習慣

非エッセンシャル思考の人は土壇場で無理やり全力で終わらせようとしますが、エッセンシャル思考の人は違います。

重要なことをやりとげるために、日頃から習慣を大切にし、無理なく成果を出します。重要なことを常に習慣に取り入れて、自然と成果を上げられるようにしましょう

 

集中

過去や未来にとらわれず、今この瞬間に意識を集中させ、「今、何が重要か」を考えましょう。

非エッセンシャル思考の人は今に集中できていません。その結果、意識が未来や過去に行ってしまい、不安や後悔で頭が常にいっぱいです。

現在に集中し、目の前の問題を考え、今を楽しむ」、これが大切です。

 

エッセンシャル思考を身につけ、人生をシンプルに楽しむ

エッセンシャル思考は言われれば納得できますが、それを実際に体現し、身につけていくにはそれなりに時間を有するはずです。

 

しかし、それらを克服し、エッセンシャル思考をものにできれば、大きな恩恵を一生受けることができるようになります

 

エッセンシャル思考の恩恵

  • 迷わない
  • 流されない
  • 日々が楽しくなる

 

エッセンシャル思考を身につけると、まず大量TODOリストがスッキリし、本当に自分がやるべきことがクリアに見えてくるので、大量のTODOリストから何をやるべきか迷う必要がなくなります。

 

更に、エッセンシャル思考の人は、自ら「選ぶ」ことを選んだ人たちなので、もう他人に振り回されたり、こき使われたり、他人の人生を生きる必要がなくなります

 

そして、自分のやるべきことが明確になり、自分の人生を生きれるので、日々の生活が充実し、楽しくなります。エッセンシャル思考で人生はシンプルになります

 

人生の本質をしり、本質を生きるためには、人生はシンプルであることが必要不可欠です。

 

まとめ:エッセンシャル思考は現代サラリーマンの必読書

本記事では「エッセンシャル思考」についてまとめました。

 

エッセンシャル思考は「より少なく、しかしより良く」を体現するものであり、毎日大量のタスクに追われた現代サラリーマンにとっては必読書であると感じました。

 

本書を読むことで、自分の人生の本質を知り、人生を本質的に生きていくことができます。

 

人によって、人生で何が一番大切かは異なりますが、それを理解して生きるのと、そうでないのとでは天と地ほどの差があるはずです。

 

是非、本書を読んで、自分の人生に一番大切なものは何で、何を選び何を捨てるべきかを考えてみてはどうでしょう。

 

「本当に重要なのはなにか?」

 

それ以外のことは、全部すてていいのです。

 

  • この記事を書いた人

ソーイチ

30才都内勤務のサラリーマン。ブログと読書とインデックス投資が大好きです。本ブログでは、サラリーマンが無理なく、自身の体験談に基づいた情報をのんびり発信しています。

-書評

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.