何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

Audible(オーディブル)の無料体験で感じたメリット・デメリット

LIFE

Audible(オーディブル)の無料体験で感じたメリット・デメリット

読書する人
Amazonのオーディブルってサービスが気になる。
無料体験も出来るみたいだけど、実際に利用した人の感想が知りたいな。
そもそも本を聴くっていったいどんな感じなんだろう?

 

この記事ではこのような疑問や悩みを解決します。

 

✔️本記事の内容

  • オーディブルとは
  • オーディブルのメリット・デメリット
  • オーディブルの無料期間について
  • まとめ

 

読書はいつもKindle派のボクが、ついに耳で聴くAmazonのオーディオブックAudible(オーディブル)』の無料体験を試してみました。

 

本記事では、そんなオーディオブック初心者のボクが感じたオーディブル の感想とメリット・デメリットを解説していきます。

 

結論を先にお伝えすると、オーディブルは読書のみに集中できる環境では「読む本」に勝てません

 

しかし、「ながら読書」という環境においては最高のサービスであると感じました。

 

✔️オーディブルがおすすめの人

  • 通勤・通学時間に読書をしたい人
  • 風呂に入りながら読書をしたい人
  • 家事をしながら読書をしたい人
  • 読書をしたいけど、なかなか習慣化できない人

 

とは言っても、最初の一冊はどれでも無料で聴くことができます。

 

少しでも気になるという人は、無料体験で実際にサービスを利用して見るのがおすすめです。

 

最初の一冊はどれでも無料!

オーディブルで1冊無料で聴いてみる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

オーディブルとは

オーディブル

オーディブルはAmazonが運営するオーディオブックサービスです。

 

✔️オーディブルの特徴

  • 月額1,500円で毎月1コインもらえる
  • コインでどれでも好きな本を一冊購入可能
  • タイトル数は40万冊以上
  • 最初の1冊無料(30日以内に解約すれば料金は一切かからない)
  • 購入した本が気に入らなければ返品できる
  • 購入した本は解約後もずっと聴ける

月額1,500円の有料会員になると、毎月1枚コインがもらえます。

 

そのコインを使って、40万冊以上のラインナップから好きなオーディオブックを1冊購入することが可能です。

 

万が一、購入したオーディオブックが気に入らなければ返品もできます。

 

返品すればコインは返ってくるので、また他のオーディオブックの購入に使えます。

 

注意ポイント

オーディブルは聴き終わった後でも返品することが出来るので、実質聴き放題的な利用をする人がいますが注意が必要です。あくまでもこの返品サービスは購入者が本当に聴きたいオーディオブックに出会えるようにする為のサービスであり、聴き放題という名目では決してありません。Amazonの好意に甘えず、モラルを守って楽しみましょう。

 

ちなみにコインを使わなかった時は翌月に持ち越されるので、聴きたい本がなければストックしておくことも可能です。

 

一度購入したオーディオブック(最初の1冊無料でダウンロードしたものも含む)は、解約後もずっと楽しめます。

 

最初の一冊はどれでも無料!

オーディブルで1冊無料で聴いてみる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

オーディブルの無料体験で感じた3つのメリット

 

✔️オーディブルの3つのメリット

  1. 「ながら読書」で読書時間が大幅に確保できる
  2. 繰り返し聴くことによって記憶に定着しやすい
  3. 読書を開始するまでのハードルが圧倒的に低い

 

「ながら読書」で読書時間が大幅に確保できる

オーディブルのメリットをひとつだけに絞れと言われたら、間違いなくこれです。

 

普段なかなか読書をする時間が確保できないという人にとってオーディブルは救世主的なサービスとなります。

 

✔️オーディブルで楽しむ「ながら読書」

  • 通学・通勤時間
  • 家事をしながら
  • 食事をしながら
  • 入浴をしながら

 

これらの時間を全て読書に当てられたらどうでしょう?

 

たった1日でそこそこ分厚い本でも「ながら読書」だけで読み終えられちゃいます。

 

オーディブルを使えば、あなたの読書効率は飛躍的に上がるはずです。

 

ボクも毎日通勤する車の中でオーディブルを聴いているけど、大体3日間くらいで1冊聴き終えちゃうよ!

 

繰り返し聴くことによって記憶に定着しやすい

オーディブルは返品もできますが、基本的には1ヶ月で購入できる本は1冊です。

 

なので、ボクはその1冊を「ながら読書」で繰り返し何度も聴くようにしています。

 

オーディブルで購入する本は、その1冊を1ヶ月かけて完全に脳内に知識として定着させるくらいの感じで選びましょう。

 

一回聴いて満足してしまう小説などではなく、何度も聴くことによって知識として定着させられる下記のようなジャンルが個人的にはおすすめ。

 

✔️オーディブルで聴くおすすめの本

  • 哲学書
  • 自己啓発書
  • ノウハウ書

 

ちなみにボクが最初の一冊(無料)に選んだのは世界のエリートがやっている 最高の休息法「脳科学×瞑想」で集中力が高まるです。


 

紙の本を複数回読んでも良いのですが、そんな時間はなかなか取れません

 

「ながら読書」ができるという最大のメリットを活用して、1冊の本を繰り返し聴き、1冊まるごと脳内にインプットしちゃいましょう!

 

ボクは毎日の通勤時間中の「ながら読書」で上記の本を10回ほど聴いてるよ。
10回も聴くとほぼ本の内容が頭の中にインプットされているのを実感できるね!

 

読書を開始するまでのハードルが圧倒的に低い

オーディブルはスマホ、タブレット、PCで聴くことが可能です。

 

これは個人差があるかもしれませんが、例えば5分間だけ時間が空いてしまった時に、紙の本を開いて読書するでしょうか?

 

ボクは目で読む読書をする時は、集中して読みたいのである程度まとまった時間がないと本を開く気になれません

 

ところがオーディブルだと、そんな隙間時間でも抵抗無くアプリを開いて聴きはじめられるんです。

 

オーディブルで「聴く読書」は、「目で読む読書」よりも開始するハードルが低く、隙間時間さえ無駄にすることがありません。

 

確かに紙の本をわざわざカバンから取り出して読み始めるより、スマホのアプリからワンタッチで聴けるオーディブルの方が心理的ハードルは低いんだよね!

 

ちなみにですが、オーディブルを聴くならワイヤレスイヤホンが断然おすすめです!

 

ワイヤレスイヤホンを外出先などで耳につけていれば、さらに「聴く読書」の開始ハードルは下がります


 

オーディブルの無料体験で感じた2つのデメリット

 

✔️オーディブルの2つのデメリット

  • ナレーターの読み方にクセがある
  • 書き込みながらの読書ができない

 

ナレーターの読み方にクセがある

オーディブルはプロのナレーターが本を朗読してくれるのですが、人によって合う合わないがあります。

 

通常の読む読書であれば、登場人物の声色などは自分のなかでイメージしながら読んでいきますが、オーディブルだとそれをナレーターが表現します。

 

一冊の本は1人のナレーターで朗読するのが基本です。

 

ボクが最初に購入した世界のエリートがやっている 最高の休息法「脳科学×瞑想」で集中力が高まるは男性のナレーターが朗読するのですが、主人公は女性です。

 

すると男性のナレーターが、女性っぽく声を変えて主人公のセリフを朗読したりすることが必ず起こります。

 

他にも結構感情的にセリフを読んだり、抑揚が激しかったりと「このナレーター、クセが強いな〜」と思うことが多々あったので、この点は注意が必要かと思います。

 

確かにこれは気になる。
これが原因で本の内容が全く頭に入ってこないなんてこともありそうだよね!
オーディブルは購入前にサンプルが聴けるから必ずチェックしてから購入しよう。

 

書き込みながらの読書ができない

オーディブルは読書中に大事なところにマーカーを引いたり、メモを書き込むことができません。

 

まあ、音で聴く読書なので当たり前といえば当たり前ですが、やはり紙の本や電子書籍リーダーにこの点では完全に劣ります

 

一応、お気に入りのポイントをブックマークしてメモを残すことはできるのですが、あとで目で見て見返せないので正直微妙です。

 

聴きながらメモを取れば良いのですが、それだと「ながら読書」のメリットが失われてしまいます

 

オーディオブックはあくまでも「ながら読書」に特化させて利用すべきであり、メモなどを書き込みながらの読書には向きません。

 

書評などを書きたい場合にもオーディブルはあまり向かないね。
書評を前提として読書するなら同じAmazonから発売されている電子書籍リーダーがおすすめ!

 

おすすめ記事
Kindle Paperwhite レビュー
【圧倒的な自由を】Kindle Paperwhiteを超主観でレビュー

読書する人やばい…もう本がいっぱいで身動きが取れない。 電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteを買えば解決するかも! でも電子書籍って何となく抵抗あるんだよな…   この記事で ...

続きを見る

 

オーディブルの無料体験について

オーディブルは30日間の無料体験が可能です。

 

無料体験を開始するとコインが1枚無料で貰えるので、それを使ってどれでも好きなオーディオブックを購入することができます。

 

ちなみに無料体験中でも、返品すれば2冊目も無料で聴くことができますが、聴き放題のサービスではないので節度をもって利用しましょう。

 

30日間の無料体験中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

しかも、無料期間中にコインで購入した最初の1冊は解約後でも何度も聴くことができるのでお得すぎます。

 

✔️個人的におすすめの作品!最初の1冊は全て無料!

 

最初の一冊はどれでも無料!

オーディブルで1冊無料で聴いてみる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

まとめ:オーディブルでまずは1冊無料で聴いてみるのがおすすめ

今回、ボクも初めてオーディオブックで「聴く読書」を体験してみましたが、かなり良かったです。

 

全ての読書をオーディオブックに置き換えるのは、個人的には難しいと感じましたが、

 

  • 読書時間を確保して集中→「読む読書」
  • 何かの合間やながら読書→「聴く読書」

 

と使い分ければ、読書効率は爆あがりすること間違いなしです。

 

とはいえ、「聴く読書」は今までの読書とは全く別物であり、メリットもあればデメリットもあります。

 

まずは、オーディブルで気になるタイトルを1冊無料で聴いてみて、あなたに合うかどうかを試してみるのがおすすめです。

 

解約後も無料で入手した作品が、何度でも聴けるのでお得すぎます。

 

最初の一冊はどれでも無料!

オーディブルで1冊無料で聴いてみる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

  • この記事を書いた人

ソーイチ

29才都内勤務サラリーマン。妻と娘を愛する副業ブロガー。 ブログ開設7ヶ月で収益5桁を突破。当ブログでは【サラリーマン×ブログ】【VOD】【退職代行】をメインに発信していきます。何者でもないサラリーマンが何者かになるまでの軌跡をご覧ください。

-LIFE

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.