「人は話し方が9割」話す力はスキルよりメンタルで決まる【書評・要約】 | 脱!ラットレースBlog

何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

書評

「人は話し方が9割」話す力はスキルよりメンタルで決まる【書評・要約】

悩む人
人とコミュニケーションを取るのがなんとなく苦手です。沈黙も辛いし、初対面の人とは何を話したら良いかもわかりません…。

 

こんな人におすすめしたい一冊が、本記事で紹介する「人は話し方が9割」です。

 

 

本書は、会社の大事なプレゼンなどで上手く話すためのノウハウ本ではありません。職場や家族、友人、恋人、コミュニティの仲間など、身近な人間関係を円滑にするための本です。

 

その理由は簡単で、長い人生において、プレゼンの場面より、日常的な場面でのコミュニケーションが大部分を占めているからです。

 

人間の悩みは全て対人関係から来ると言われるほど、対人関係は人生において大切であり、対人関係の基礎とも言えるコミュニケーションが上手く行けば人生は豊かになります

 

本書の結論は非常にシンプルで、「苦手な人との会話を避け、大好きな人と話す時間を増やす」ということです。

 

本書を読めば、コミュニケーションの悩みが改善され、無理することなく円滑な人間関係を構築することができるようになりますよ!

 

話す力は「スキル」より「メンタル」が大切

話す力は「スキル」より「メンタル」が大切

まず大前提として上手く話せないのは、あなたに話すためのスキルが無いからではありません。

 

上手く話せないのは、話せるメンタルに持って行けていないだけだということを理解しましょう。

 

誰しも自信がなければ、話せるものも話せません。では、具体的に話せるメンタルとはどのような状況でしょうか?

 

話すためのメンタル=自己肯定感

話すために必要なメンタルは自己肯定感を上げるということです。

 

自己肯定感の高い状態で話せば、驚くほどコミュニケーションは上手くいきます。

 

自己肯定感を上げて話せるメンタルにするコツ

  • 相手の言葉を必要以上に重く受け止めない
  • 相手との間に「否定のない空間」を作る

 

ポイントはこの2つです。

 

まず1つ目は、相手の言葉を必要以上に重く受け止めないことです。

 

人間は深く考えていちいち発言をしないので、そのひとことひとことに一喜一憂するのはやめましょう。

 

一度や二度の失敗で会話を怖がる必要は全くありません。

 

そして2つ目は、相手との間に「否定のない空間」を作るということです。

 

会話をする相手のことを否定しないようにします。すると相手もあなたのことを否定しません。

 

結果として、あなたと相手との間には「否定のない空間」、つまり「肯定しかない空間」ができ、自己肯定感が高い状態でコミュニケーションを取ることができます

 

日常会話にスキルなんて必要なくて、いかに話せるメンタルを作れるかで全てが決まるんですね!

 

コミュニケーションの達人だけが知っている三大原則

コミュニケーションの達人だけが知っている三大原則

コミュニケーションには、達人だけが知っている三大原則があります。

 

これを知っているのと知らないのとでは、話し方が全く違ってくるので、是非抑えておきましょう。

 

コミュニケーションの三大原則

  1. 人は自分への関心が一番強い
  2. 人は自分のことをわかってほしい生き物
  3. 人は自分のことをわかってくれる人に好意を持つ

 

つまり、人は自分に深い関心を寄せてくれる人を好きになるということです。

 

では、相手に深い関心を寄せていると伝えるためにはどうしたら良いでしょうか?

 

答えは「相手の話を聞く」ということです。

 

話し方において大切なのは「聞き方」であり、「いかに話すか」より「いかに聞くか」が重要です。

 

相手の話をしっかり聞くということは、相手の自己重要感を高めることにつながります!

 

聞き上手になるための3つのリアクション

聞き上手になるための3つのリアクション

本書では聞き上手になるための3つのリアクションも紹介されています。

 

「聞き方」で大切なのは、相手の話にどうやって反応、リアクションするかです。

 

聞き上手になるための3つのリアクション

  1. 顔の表情
  2. 声の表情
  3. 体全体の表情

 

具体的には「笑顔で聞き、自分の表情を言葉に乗せ、身振り手振りを使って相手にリアクションをする」ということになります。

 

会話とは声を耳で聞いて終わりではありません。相手の視覚にもしっかりとリアクションをとって興味関心があることをアピールしましょう!

 

相手に9割喋ってもらう「拡張話法」

ここまで相手の話を聞くことが大切だとお伝えしてきましたが、あなたが相手の話を聞くためには、相手に喋ってもらわなければいけません

 

ここからは、相手に9割喋ってもらう「拡張話法」、相手の会話を広げる方法について解説していきます。

 

拡張話法の5つのステップ

  1. 感嘆
  2. 反復
  3. 共感
  4. 称賛
  5. 質問

 

step
1
感嘆

相手の話を聞いたら感嘆の表現をしましょう。

 

相手の「〇〇なことがあったんだよ」に対して「へー♪」「えー!?」「わー♡」「ホントですかー笑」のように自分の反応する言葉に感情を込めます

 

イメージは言葉の最後に「!」「?」「♡」などの絵文字をつけるような感じです。

 

感嘆は非常に強力な力を持っていて、相手の「しゃべるぞ!!」というスイッチをオンにしてくれます。

 

step
2
反復

相手の話を繰り返します。

 

相手の「僕、読書が趣味なんです」に対して「え!読書ですか?いいですねー!」といった感じで相手の話を反復すると、相手は更に話を続けやすくなり、どんどん喋ってくれます。

 

step
3
共感

相手の話に感情を込めて理解を示します。

 

「わかります」「大変でしたね」など、相手の感情に寄り添ってリアクションをとりましょう。

 

step
4
称賛

相手を評価(称賛)します。

 

「素晴らしいですね!!」「さすがですね!!」など、称賛に感嘆を加えて、感情で相手に伝えましょう

 

これをされて嫌な気持ちになる人はいません。

 

step
5
質問

相手の話を中心に展開させていくためにその後を追いかけて質問します。

 

質問することで、相手の話はどんどん広がって、相手も無理なく自然と話し続けることができます。

 

 

これらの拡張話法の目的は、相手の話を「広げる」ことです。

 

自分が「話す」のではなく、相手の話を「広げる」ことを意識しましょう!

 

 

人に嫌われない話し方

人に嫌われない話し方

コミュニケーションで最も大切なのは「好かれる前に、まず嫌われないこと」です。

 

人の感情は快(プラス軸)と不快(マイナス軸)の2つしかありません。

 

嫌われない話し方のコツ

  • 余計なひと言を言わない
  • 正論は「ストレート」ではなく「変化球」で伝える
  • 悩んでいる人には「一緒に考えよう」と感情に寄り添う
  • 人によって態度や話し方を変えない

 

まず、相手に気持ちよく喋ってもらうためにも、相手が気分を害するような余計なひと言は言わないようにしましょう。

 

正論を伝えるときは一番注意が必要です。正論こそ「ストレート」ではなく「変化球」でオブラートに包んで伝えるべきです。人は間違っていることに対して正論を突きつけられると非常に不快に感じます

 

悩んでいる人にポジティブなアドバイスをするのは基本NGです。相手が求めているのは「共感」であり、上からの助言でかないからです

 

最後に、基本中の基本ですが、人によって態度や話し方を変えるのは絶対にNGです。相手の役職が分かった途端に急にペコペコする人がたまにいますが、めちゃくちゃ信用を失います。

 

相手が誰であれ、尊敬と敬意を持って話をすれば、少なくとも嫌われることは避けられることがほとんどですね!

 

嫌われる人の話し方には共通点がある

嫌われる人の話し方の共通点

  • 「でも」「だって」「どうせ」「ダメ」を連呼
  • 突っ込んだ男女関係や下ネタを言う
  • お笑い芸人のように話に落ちを求める
  • 相手の話を奪う
  • すぐになれなれしい口をきく
  • 話を何でもかんでもまとめたがる
  • すぐに負け惜しみや言い訳を言う

 

嫌われる人の話し方を知って、自分はやらないように気をつけましょう!

 

「人は話し方が9割」まとめ

今回は「人は話し方が9割」について、要約しました。

 

本書は、話し方のスキルではなく、「話す」ということに対しての向き合い方を教えてくれるおすすめの一冊でした。

 

最後に、上手く話すための一番の近道は、「あなたの大好きな人と話す時間を増やす」ということです。

 

話すのに大切なのはメンタルであり、気持ちです。

 

大好きな人と話すことで、自然と自己肯定感も上がり、コミュニケーションにも前向きになれます

 

嫌いな人と無理に話すことはせず、まずは話しやすい人との会話を楽しみましょう。

 

本書には記事では紹介しきれないほど納得の「話し方」に対するヒントが散りばめられています!おすすめの一冊なので是非一度お手にとって見てはいかがでしょうか?

 

  • この記事を書いた人

ソーイチ

30才都内勤務のサラリーマン。ブログと読書とインデックス投資が大好きです。本ブログでは、サラリーマンが無理なく、自身の体験談に基づいた情報をのんびり発信しています。

-書評

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.