何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

LIFE

脱!常識人間!【自分の人生の成功くらい自分で決めろ】

こんにちは、ソーイチです!

突然ですが、あなたにとっての「常識」とは一体何でしょうか?

こんなTweetをしました。

常識人間やめます。

常識=他人の目や評価、価値観によってつくられた幻想です。

他人の期待に応えれば認められるし承認欲求も満たされるでしょう。

でもそれって結局他人の人生を生きてるだけだと気づきました。

自分にとっての人生の成功はどれだけ自分の信念を曲げずに生き抜いたか。

私は「常識」とは、周りの人の意見や環境、つまり他人の価値観によってつくられた自分の中の概念だと思います。

自分ではなく他人によってつくられた「こうあるべき」「こうすべき」「こうじゃなきゃだめ」といった価値観こそが「自分の中の常識」の正体です。

今回はこんな常識に縛られた「常識人間」を捨て、自分のやりたいことや信念で生きていくことの大切さをまとめました。

こんな方におすすめ

  • 周りの期待や評価が気になってしまう人
  • やりたいことが明確にあるにも関わらず、なかなか最初の一歩が踏み出せない人
  • 自分らしい人生を楽しみたい人

常識人間を辞めろ

常識人間とは

有名な芸術家である岡本太郎さんは「常識人間を捨てろ」と明言しています。

私が思う常識人間とは、常識(周りの人の意見や環境、つまり他人の価値観によってつくられた自分の中の概念)にとらわれて生きている人です。

もっとわかりやすくいってしまうと、他人の目や評価、価値感を気にしながら生きる人を常識人間と私は定義します。

常識人間は結局他人の人生を生きています。

常識人間が溢れている世の中

世の中、この常識人間で溢れかえっています。

では、なぜ常識人間で溢れかえっているのか?

答えはとっても簡単です。

常識人間でいることがとっても楽だからです。

他人の目や評価、価値観を気にして生きていけば、周りからは認められます。

周りの期待に答えればいいので、これをやれば正解だということもわかります。

孤独を感じることもありません。

他人から否定されず、認めてもらえることほど楽なことはないんです。

他人の人生を生きることはもう辞める

常識にとらわれているままでは、自分の人生を生きることができません。

常識人間が生きているのはあくまでも他人の人生です。

親や友人、学校や会社、他人の喜ぶことをやる。

これもこれで素晴らしいことだと思います。

他人から喜ばれて評価され認められる。

あなたの承認欲求はいっぱいに満たされるでしょう。

でも、あなたの本当にやりたいことは何でしょう?

自分の本当にやりたいことをやって、それが他人から評価されて認められるのであれば良いのです。

そうではなく、自分のやりたいことなどを押し殺して常識人間として生きていくのが問題なのです。

私は他人の人生を生きるのはもうやめにします。

常識人間を辞めて、自分のやりたいこと、信念に従って生きていきます。

人生で成功を勝ち取る

成功かどうかくらい自分で決める

自分の人生で成功したことを誰が決めるのでしょうか?

常識人間は他人の人生を生きています。

他人の目や評価を気にします。

ある意味他人から「あなたは凄い」「成功者だ」「あなたの人生は羨ましい」なんてことを言われれば自分は人生の成功者だと感じるかもしれません。

しかし、それは他人の評価が決めたことであり、それでは自ら成功を勝ち取ることはできません。

私が思う人生の成功とは「自分のやりたい、やると決めたことに嘘をつかず、それを貫くことができたかどうか」です。

自分の意思、信念に正直になり、それを貫くだけで良いんです。

これは自分で決められます。

他人の人生ではなく、自分で決めた人生を生きるんです。

それが人生の成功だと思います。

自分の人生がどうだったかくらい他人の評価ではなく、自分で決めたいですよね。

結果的に常識人間より、そうでない人の方が客観的に見ても成功する

自分の人生が成功だったかは自分で決めるということを書きました。

でも、結果的に常識人間を辞めて、自分の信念を貫いて生きている人の方が客観的に見ても成功しているケースが多いです。

それはなぜでしょうか?

常識人間を辞める=他人の意見を一切聞かずに傲慢になるというように捉えられがちですがそれは違います。

これは逆です。

常識人間を捨て、自分のやりたいこと、やるべきことが見えてくると人は愚直に努力できます。

自分の目標とするような人が見つかれば、その人か謙虚に学ぼうとします。

むしろ傲慢な人の方が、自分を他人に認めされようとして、結果他人の価値観の中で生きている常識人間だったりします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

常識人間を辞めることは簡単なことではありません。

自分のやりたいことを一番に行動すれば、周りからの反対も避けられないこともあるでしょう。

孤独に戦わなければならないこともあると思います。

どんなに絶望的な状況に陥ったとしても、たとえ自分以外に誰も味方がいなくなったとしてもやり抜く。

それくらいの覚悟が必要です。

反対したり、文句をいってくる人は、所詮自分の価値観でものをいっているにすぎません。

あなたの価値観や新年を曲げることなんてできないんです。

曲げているのは周りではなく自分です。

その自覚をしっかりともち、やりたいことをやり抜く。

これこそが常識を捨て、自分の人生を生きる一番の近道だと私は思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

「人間にとって成功とはいったいなんだろう。

結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。

夢がたとえ成就しなかったとしても、精一杯挑戦した、それで爽やかだ。」

by岡本太朗

  • この記事を書いた人

ソーイチ

29才都内勤務サラリーマン。妻と娘を愛する副業ブロガー。 ブログ開設7ヶ月で収益5桁を突破。当ブログでは【サラリーマン×ブログ】【VOD】【退職代行】をメインに発信していきます。何者でもないサラリーマンが何者かになるまでの軌跡をご覧ください。

-LIFE

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.