何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

LIFE

ラグビーのノーサイド精神が素晴らしい!

こんにちは!ソーイチです。

昨日のラグビーワールドカップ【日本VSサモア】戦!

本当に素晴らしい試合でした。

私はラグビーについては正直ルールもよく分かっていない初心者です。

そんな初心者の私が見てもめちゃくちゃ興奮したし、本当に感動しました。

素晴らしい試合を見せてくれた両チームの代表選手には心から感謝を伝えたいと思います。

本当にありがとうございました!

そんな感動的な試合が終わった時、「ッピピーー!!ノーサイドです!」と解説の人が言っていました。

ん?ノーサイド?

普通は試合終了です!的なコールではないのか?

ノーサイドってなんだと思ったんです。

そこで私なりにこの「ノーサイド」という言葉の語源について調べてみました。

そしたらその考え方が本当に素晴らしかったので、今回はこの「ノーサイド」の意味について記事にまとめて見たいと思います。

「ノーサイド」の意味

ノーサイド(No Side)とは一体どういう意味なのでしょうか?

直訳するとサイドなし、側がない、つまり線引きがない隔てがない、そんな意味ですよね。

では、ラクビーの試合が終わった時になぜこの「ノーサイド」という言葉が使われるのでしょうか。

ラグビー用語のノーサイドの意味

これは試合が終われば自陣と敵陣、つまりサイドがなくなるという意味で使われているようです。

また勝った側と負けた側のサイドもないという意味も含まれています。

試合中は当然敵同士で勝敗を決めるために戦いますが、試合終了のホイッスルでその境界はなくなり、お互いを称え合う。

そんな素晴らしい考え方に基づいたコールが「ノーサイド」ということです。

紳士のスポーツであるラグビー

ラグビーの起源は、19世紀にイングランドでのとある学校で行われていたフットボールの試合中、エリス少年がボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出したこととされています。

ちなみにこの頃のフットボールというのは今のサッカーとは違い、ボールを手で扱うこと自体はルールとして認められていたようです。しかしボール手で持ったまま走ることはルール違反だったみたいでこれがラグビーのはじまりになったとされています。

その後このフットボールはイギリスのいくつかの学校で独自のルールが定められてプレーをされるようになります。

19世紀後半になると、フットボールから今のラグビーのルールが禁止となり、そこでフットボールから分岐したのが今のラグビーです。

ラグビーは発祥地であるイギリスで、主に中流から上流階級の間でも人気となり、その息子が通う名門校などでも盛んに行われていた為、「紳士のスポーツ」として親しまれてきました。

紳士的なスポーツを象徴するノーサイド精神

ラグビーって紳士的なスポーツとはいえ、ものすごく激しいスポーツですよね。

私も全くと言っていいほどルールは知らなかったのですが、ボールを持っている人に対してはタックルに行っていいんです。

タックルについてですが、基本的には首よりしたの部分を手で掴みにいけばオッケーみたいです。

手を使わない体当たりや頭を狙ったタックルは反則になるみたいです。

試合を見れば一目瞭然ですが、思いっきり体がぶつかり合いますし、ヒートアップしてお互いに熱が入りぶつかり合うような場面も多々あります。

そんな状況で緊迫していても、試合が終わり「ノーサイド」になると、お互いが称え合い、称賛し合うんですよね。

本当に見ていて胸が熱くなります。

また、私が見ていて特に感動的だったのが、敗者が勝者を讃えて、花道を作ってコートの外に送りだすシーンです。

それをされた勝者のチームも負けじと、今度は逆に花道を作って敗者のチームを送り出します。

これぞまさに「ノーサイド」という瞬間でした!

【日本VSサモア】戦、試合終了後の両チームの称え合いが本当に感動的です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ラグビーのノーサイドという精神について今回はまとめて見ました。

実はこの「ノーサイド」、世界的には使われていないんです。

世界的には現状、試合終了を「フルタイム」とすることが一般的だそうです。

発祥の地であるイングランドでも今では「フルタイム」が使われており、すっかり「ノーサイド」という言葉は死語になってしまったようです。

しかし、言葉は使われなくなっても、試合後の様子を見れば「ノーサイド精神」が世界共通であることに間違いはありません。

日本で行われているラグビーワールドカップを期に、この「ノーサイド精神」を日本から全世界に発信していけたらとても素敵だと思いました。

今回も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この世界から色々な「サイド」がなくなる日が来ることを願って今回の記事とさせていただけたら嬉しいです。

 

-LIFE

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.