何者でもない普通のサラリーマンが何者かになる為の日々の奮闘記録をお届けします。

脱!ラットレースBlog

MONEY

キャッシュレス決済完全攻略ガイド【QRコード決済のススメ!】

2019年10月1日に消費税が8%から10%に引き上げとなりました。

それと同時にはじまったのがキャッシュレス決済によるポイント還元事業です。

正式名称は「キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)」というみたいです。

この事業は経済産業省により採択されており、国が推奨する事業の一つであることがわかります。

キャッシュレス・ポイント還元事業とは

ここで注目なのは消費税率引上げ後の9ヶ月間に限りという点です。

私もこれは正直知りませんでした。

今後キャッシュレスが流行っていくことを前提にずっと還元が受けられると勝手に思い込んでいました。

キャッシュレス決済のポイント還元が受けられるのは、増税後の2019年10月1日から9ヶ月間ということになります。

つまり2020年6月末までということなりますので注意が必要です。

ポイント還元率は 5%or 2% のどちらか

ポイント還元は5%か2%に設定されます。

ではこの違いはどうなっているのでしょうか?

「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトによると「原則として、購買金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗では2%を還元」とされています。

ちなみにここでいう中小・小規模店舗とは資本金5,000万円以下、従業員50人以下が条件となっているいるようです。

その為、大手スーパーや家電量販店などはこの「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象外となるので注意してください。

私たちが普段多く使うコンビニや牛丼屋、ファストフード店などのフランチャイズ店は2%還元、それ以外の中小規模の事業者が運営する店舗は5%還元ということになります。

コンビニは直営店の場合、ポイント還元を受けられない場合も

コンビニは直営店の場合、中小・小規模事業者が運営する店舗からは除外されてしまうため、本来はポイント還元を受けることはできません。

しかし、それでは消費者が混乱してしまうため、大手3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)は直営店でも本部負担によりフランチャイズ店と同じ2%還元を実施しています。

また、フランチャイズ店であっても大規模事業者(例えば大手鉄道会社)などが運営する店舗の場合はポイント還元の対象から外れていることがあるため注意が必要です。

ポイント還元が受けられる店舗の見分け方

キャッシュレス還元対応店舗

キャッシュレス・ポイント還元に対応している店舗にはこちらのマークが掲げてあります。

また近くのキャッシュレス・ポイント還元に対応している店舗を簡単に探すことのできるアプリもリリースされていますのでこちらも使うと便利です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトからダウンロードができます。

なお、2019年9月25日現在で、キャッシュレス対応の加盟店舗数は約50万店舗ほどとなっています。

加盟店舗数は今後もどんどん増えていくことが予想されます。

登録加盟店一覧はこちらから

ポイント還元が受けられるキャッシュレスサービス

ポイント還元が受けられるキャッシュレスサービスは大きく分けて以下の3つのサービスです。

主に3つのキャッシュレスサービス

  • クレジットカード(デビットカード含む)
  • 電車マネー/プリペイドカード(交通系)
  • 電子マネー/プリペイドカード(交通系以外)
  • QRコード決済

クレジットカード(デビットカード含む)

出典:経済産業省HPより

主要なクレジットカードはほとんどがキャッシュレス決済のポイント還元に対応しています。

自分の持っているカードがキャッシュレス決済のポイント還元に対応しているかは以下の調べることができます。

対象となるクレジットカードを探す

クレジットカードでキャッシュレス決済をした際のポイントはカードにもよりますが、基本的には毎月のカード支払い代金と相殺されます。

これがクレジットカードでキャッシュレス決済を行う最大のメリットではないでしょうか?

ポイントが付与されるケースだと、そのポイントの使用できる店舗やサービスが限られているため、場合によっては有効に利用できないケースも考えられます。

クレジットカードであれば、支払い代金から相殺されるので、確実にその恩恵を受けることができます。

キャッシュレスサービスによって月のポイント還元の上限が決まっています。

クレジットカードは、カードによって差はありますが、基本的には15,000ポイント/月が上限として設定されています。

15,000ポイントを2%〜5%の還元率で計算すると、月のカード使用料は30万円〜75万円となります。

ここで注意が必要なのは、自分の持っているカードの上限が30万円〜75万円以下の場合には、与信上限額が最大の使用料になるので、ポイントを最大限還元できないことがあります。

電子マネー/プリペイドカード(交通系)

出典:経済産業省HPより

PASMO、Suica、manaca、ICOCA等の交通系電子マネーです。

特徴としてはクレジットと違い事前に現金を自分でチャージして支払いを行うことです。

クレジットカードを持てない人、特に学生や主婦の人でも簡単に利用することができるのでそういった人にはオススメです。

ただし、電子マネー系は基本的に事前登録を各Web上で行う必要があります。

これをしないとポイント還元が受けられませんのでご注意ください。

ポイントの還元方法は各電子マネーによって異なりますが、基本的には各事業者のオリジナルポイント(SuicaであればJRE POINT)として還元されます。

月のポイント還元に上限がないものが多いですが、1回のチャージの上限がSuicaであれば20,000円なので、自分の使用状況によって適切にチャージしていくのが良いでしょう。

対象となる電子マネーを探す

電子マネー/プリペイドカード(交通系以外)

出典:経済産業省HPより

nanaco、WAON、楽天Edy等の交通系以外の電子マネーです。

特徴としては基本的には上記で書いた交通系の電子マネーと変わりません。

一番の違いは交通系電子マネーはポイント還元を受けるためには事前登録が必須のものがほとんどでした。

交通系以外の電子マネーは基本的に事前登録が必要ありません。

カード自体も簡単に作れて、事前登録も必要ないため、キャッシュレス決済へのハードルは一番低いので、とりあえずやらなきゃって人はここから入っていくのもオススメです。

対象となる電子マネーを探す

QRコード決済

出典:経済産業省HPより

LINE Pay、PayPay、Origami Pay、楽天ペイメント等です。

ぶっちゃけこれが一番盛り上がってます。

メリットもQRコード決済が一番大きいのではないかと個人的には思います。

月のポイント上限はクレジットカードが15,000ポイントなのに対して、QRコード決済は25,000〜30,000ポイントです。

ポイントは各事業者のオリジナルポイントで還元されるサービスが多いです。

またQRコード決済はそもそもキャッシュレス・ポイント還元事業以外でのポイントの還元率がクレジットカードや電子マネーと比べても高いものが多いです。

対象となるQRコード決済を探す

QRコード決済、結局何を使うのがお得?

クレジットカードや電子マネーよりQRコード決済の方がトータルの還元率は高くなります。

では、いったいどのQRコード決済サービスを利用するのが一番お得でしょうか?

大手3つのサービス(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay)の還元率を整理してみましょう。

PayPay

出典:PayPay公式HP

基本情報

還元率 1.5%(PayPay残高もしくはヤフーカードでの支払いの場合に限る)
付与上限/月 15,000円相当
利用上限 過去24時間:5,000円〜50万円
過去30日間:5,000円〜200万円

PayPayの還元率は2019年10月1日から1.5%に下がってしまいました(それまでは3%でした)。

PayPayは通常還元に加えて、10月はPayPayチャンスというキャンペーンを開催しています。

PayPayチャンス

 

開催期間(毎月開催) 2019年10月1日〜10月31日まで(10月開催分)
特典 ⒈25回に1回の確率で100円相当のPayPayボーナス(ポイント)が当たる
⒉100回に1回の確率で1,000円相当のPayPayボーナスが当たる

※このキャンペーンもPayPay残高もしくはヤフーカードからのPayPay支払いでないと対象となりません。

まちかどペイペイ

さらに今ならキャッシュレス・ポイント還元事業と合わせて最大10%の還元を受けることのできるキャンペーンを実施しています。

キャッシュレス・ポイント還元事業で5%還元の店舗で決済をすると、その5%にさらにPayPayボーナスとして5%(通常の還元率1.5%を含む)上乗せされて合計で10%の還元を受けることができます。

ちなみにこれは5%還元が受けられる店舗で決済した場合にのみ適応されるキャンペーンです。

2%還元のコンビニ等ではこのキャンペーンは適応外ですので注意が必要です。

ヤフーカードを使用してポイントを2重取り

PayPayの支払い設定をクレジットカードのヤフーカードにすれば、ポイントを2重取りすることができます。

ヤフーカードの基本還元率は1%なのでPayPayで支払いをすることによってPayPayの基本還元率1.5%と合わせて実質の還元率は2.5%となります。

よってPayPayの還元率が最大となるのは以下の通りです。

ポイント還元事業 まちかどペイペイ ヤフーカード 合計
5% 5% 1% 11%

つまり、PayPayはポイント還元事業で5%の還元率の店舗で使用する時がトータルの還元率は11%と高くなります。

なお、キャッシュレス還元事業の加盟店ではない場合は2.5%(ヤフーカードでPayPay支払いの場合)となります。

ポイント還元事業で還元率2%(主にコンビニ等)の加盟店の場合は4.5%(ヤフーカードでPayPay支払いの場合)となります。

楽天ペイ

 

出典:楽天ペイ公式HP

基本情報

還元率 0.5%
利用上限 50万円/回

楽天ペイでを使用して支払うと200円で楽天ポイントが1ポイントもらえます。

また楽天ペイでは楽天カードなどで貯めた楽天ポイントも決済に当てることができます。更に楽天ポイントで決済をしても0.5%のポイント還元が受けられるのも特徴の一つです。

還元率は0.5%と高くはありませんが、楽天のサービスを多様するような人にとってはオススメのQRコード決済と言えるでしょう。

全店舗対象 ずーっと5%還元

楽天ペイは2019年10月1日から12月2日まで、全店舗を対象に楽天ペイで決済した際の還元率が一律で5%になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンの特徴はキャッシュレス・ポイント還元事業の還元率と楽天ペイによる還元率の合計がどの店舗で決済をしても一律5%となるようになっています。

なおこのキャンペーン期間中は通常の楽天ペイを使用した時の0.5%還元は受けられないので注意が必要です。

このキャンペーン中に楽天ペイから受けられる還元の上限は3,000ポイントとなっています。

楽天カードを使用してポイントを2重取り

楽天ペイの支払い設定をクレジットカードの楽天カードにすれば、ポイントを2重取りすることができます。

楽天カードの基本還元率は1%なので楽天ペイで支払いをすることによって楽天ペイの基本還元率0.5%と合わせて実質の還元率は1.5%となります。

更にキャンペーン期間中であればポイント還元事業、楽天ペイによる還元率が5%ですので、楽天カードを使用すれば最大6%の還元をどの店舗でも受けることができます。

ポイント還元事業 楽天ペイ 楽天カード 合計
0% 5% 1% 6%
2% 3% 1% 6%
5% 0% 1% 6%

LINE Pay

出典:LINE Pay公式HP

基本情報

還元率 0.5%〜2.0%
利用上限 100万円/回

LINE Payの還元率はLINE Payの毎月の決済金額によって異なります。

各月1日10時から翌月の1日9時59分までのLINE Pay利用状況、またLINE Payを利用した送金状況によって「マイカラー」が決まります。

この「マイカラー」によって還元率が毎月決まるという制度です。

マイカラー(バッジカラー) ポイント還元率 判定基準(支払い金額)
グリーン 2% 10万円以上/月
ブルー 1% 5万円以上10万円未満/月
レッド 0.8% 1万円以上5万円未満/月
ホワイト 0.5% 1万円未満/月

判断基準の対象となる支払いはLINE PayによるQRコード決済、残高決済、LINE Payクレジットカード決済などです。

使えば使うだけ還元率が上がるため、 LINE Payをメインで使うのであれば、なるべく支払いを LINE Pay関係のサービスにまとめることが重要です。

 LINE Payはクレジットカード支払いに未対応

LINE Payは現在クレジットカードに対応していません。そのため、クレジットカードの基本還元率との2重還元を受けることはできません。

ポイント還元事業と合わせると現状の LINE Payでは還元率は最大7%になります。

ポイント還元事業  LINE Pay クレジットカード 合計
5% 2% 不可 7%

結論:PayPayをメインに使用して、サブで楽天ペイを使うのがオススメ

条件を全てクリアすればPayPayの還元率が最大11%と圧倒的にお得です。

しかし、PayPayはポイント還元事業の5%還元店舗ではないとこの還元率は達成できません。

結論としては、5%還元店舗ではPayPayを使用し、それ以外の店舗では楽天ペイを使用することをオススメします。

そうすれば5%還元店舗では11%還元、それ以外では一律で5%の還元を受けることができます。

QRコード決済サービス 基本還元率 ポイント還元事業2%店舗の場合 ポイント還元事業5%店舗の場合 ポイント還元事業対象外店舗の場合
PayPay(ヤフーカード使用時) 2.5% 4.5% 11% 2.5%
楽天ペイ(楽天カード使用時) 1.5% 6% 6% 6%
 LINE Pay 2.0%(最大) 4% 7% 2%

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はキャッシュレス・ポイント還元事業についてまとめてみました。

この事業の恩恵を一番受けるためにはやはり今一番話題のQRコード決済をうまく使っていく必要があります。

QRコード決済サービス各社は様々なキャンペーンを売って今後もシャア獲得に力を入れていくことが予想されます。

まだQRコード決済サービスを利用していないという人がいましたら、いますぐダウンロードをしましょう!

早ければ早いだけ受けられる恩恵も大きくなります!

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

-MONEY

Copyright© 脱!ラットレースBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.